よくあるお問い合わせ
お問い合わせ

What's new

more
  • 2018年11月5日
    S1Mワークショップ
    ScholarOne Manuscripts(S1M)をご利用の皆様に、システムの操作方法や機能をよりご理解いた ...
  • 2018年11月5日
    イベント開催予定
    出展情報 学術集会会場にて電子書籍サービスKaLibを実際にご利用いただけるiPadレンタル ...
  • 2018年9月25日
    常時SSL化でwebサイトを安全に運営しよう!
    インターネットで買い物をしたり、会員ページへログインする時、個人情報を入力する ...

あんずジャーナル

2018年9月21日 お知らせ

「GDPR」NEJMの対応 ― ISMTE(国際マネージング&テクニカル編集者学会)参加レポート

米国メリーランド州ボルチモアで開催されたISMTE(International Society of Managing and Technical Editors=国際マネージング・テクニカル編集者学会)に参加しました。

今回のISMTEでは、EUで5月に施行されたGDPRについてNew England Journal of Medicine(NEJM)による発表がありました。このGDPRはEU圏内におけるプライバシー保護法で正式名称はThe EU General Data Protection Regulation (EU一般データ保護規則)です。

この法律は

  1. EU圏内だけでは無く、全世界からEUにアクセスする組織が対象
  2. 営利企業だけでは無く、非営利組織も対象
  3. EU圏内にいる全個人の情報が対象(EU訪問中のEU外居住者の情報も対象)
  4. 最大の制裁金は2千万ユーロ(約25億円)
  5. 制裁対象は全世界

と非常に厳しい内容となっています。

そのなかでNEJMの取組みが紹介されました。主な内容は

  1. 個人情報の扱いに関する方針の記載
  2. 投稿査読状況等のレポートに著者名やメールアドレスを記載しない
  3. 投稿査読システムに初めてアクセスする際に、個人情報やCookieの扱いに関する方針に同意を得る

なお、3. については皆様もScholarOne Manuscriptsへのアクセスで同様の内容をお読みいただいているかと思います。

この件は法律に関することなので、発表者も詳しい説明をすることは困難な様でした。また、新しい法律なので判例が無いため、法律の色々な解釈が可能であり、誰もどう対処して良いのかが分からない、という状況です。実際にNEJMの発表者も発表の前に「私は弁護士ではない。私がこれから発表することは、NEJMの取組みであり、発表の内容に関して一切の責任を追わない」と宣言していました。

GDPRはSNSやITを通じた個人情報の流出を防ぐためにし、それらに抜け道を与えない様に作られた法律だと言われているので、特に厳しい法律となっているようです。学術出版業界への影響はまだまだ分かりませんが、これからも注視する必要がありそうです。

現在、日本の個人情報保護委員会とEUデータ保護委員会の間で、相互のデータ保護に関する法律が同レベルであるとの「十分性認定」について協議が進んでいるとのことです。

杏林舎では、これまで以上に個人情報の保護についてしっかりと対応してまいります。

ISMTEで収集したその他の情報は、次回のS1M Newsで公開します。

※ New England Journal of Medicineは弊社が販売サポートするオンライン投稿・審査システム「ScholarOne Manuscripts」を利用しています。

2016年2月10日 お知らせ

「日本専門医機構シンボルマーク」デザインが採用されました!

専門医の認定や養成プログラムの評価・認定などを行い、新たな専門医制度の確立を担う第三者機関として、一昨年、一般社団法人日本専門医機構が誕生しました。その日本専門医機構が、かねてよりシンボルマークを公募されていましたが、このたび弊社社員のデザインが採用されました!

決定したシンボルマークの額と感謝状

 

 

先日贈呈式が行われ、理事長の池田康夫先生から直々に授与されました。

今後は認定証などに使われるとのことで、長年医学にまつわるお仕事をしてきた我々にとって、またとない光栄なことです!
この新しいシンボルマークが、日本専門医機構、ひいては日本の医療・医学の発展に貢献できることを願っております。

 

一般社団法人日本専門医機構ホームページはこちら

2014年7月28日 お知らせ

杏林舍のWebサイトをリニューアルしました!

2014年7月11日、杏林舍のWebサイトをリニューアルしました!
皆さま、ご覧いただけたでしょうか?

思い起こせば、前回のリニューアルは約8年前。
当時、「製品」として取り扱っていたのは主に「ScholarOne ManuscriptsTM」でした。

その後、「学術専門の電子書籍サービス KaLib」、「学術集会用演題検索システム Kcon-navi」、「会員管理システム KaMsys」などが新たに加わり、学術ジャーナル関連のサービスやソリューションの種類も増え、その範囲も広がりました。

さらに充実した杏林舍のサービスと製品を知っていただきたい。
わたしたちが学術に携わる中で得た情報を皆さまにつたえたい。
そんな想いで、Webサイトをリニューアルしました。

情報が一目で見やすい新トップページ

新しいデザインのトップページでは「可変グリッドレイアウト」を採用し、それぞれのページに合わせデザインしたパネルで、情報を見やすく整理。
同時に、全ページを「レスポンシブWebデザイン」に対応させ、PC・タブレット端末・スマートフォンなど閲覧環境に合わせたスタイルで見ていただけるようになりました。

サービス・製品情報へスムーズにアクセス

「サービス・製品」を一覧化し、メニューとして常に表示、どのページからでもアクセスできるようにしました。
はじめての方はもちろん、これまでお付き合いのある皆さまも、ぜひ各サービス製品情報のページをご覧ください。新たにご提案できることがきっとあると思います。

また、「セミナー・イベント情報」や、この「あんずジャーナル」など、これまでのコンテンツもさらに充実させました。

これからもさまざまな情報を発信していきますので、ぜひご期待ください!

2013年2月28日 お知らせ

改正国立国会図書館法! ―オンライン資料の収集―

2月も終わろうとしていますが、まだまだ寒い日が続きますね。みなさんいかがお過ごしでしょうか。今日はちょっと先の話になりますが、7月からはじまる改正国立国会図書館法によるオンライン資料の収集のお話です。

平成24年6月22日に国立国会図書館法の一部が改正され、平成25年7月から改正された法律が施行されます。オンライン資料の収集といわれても、紙冊子とオンラインジャーナルを同時に発行していたり、有料会員へ無料で配布しているなど『学術分野では一体どうなるの??』と困惑されている学協会の方々も少なくないのでは・・・。
そこで、国立国会図書館に確認してみました。以下、Q&A形式でご紹介します!

--------------------------------------------------------------------------

【Q.1】ISSN取得済みの電子媒体で紙媒体と内容が同じなら納入は不要でよいですか?(紙媒体と電子媒体は普通同じものなので)
【Ans.】原則として、電子データとしてのISSN(紙資料のISSNではありません)がある場合は、納入義務があります。ただし、紙媒体のものと同一版面であることをお申し出いただいて、当館で確認ができた場合は納入は不要となりますので、平成25年7月施行以降に国立国会図書館にご連絡ください。

【Q.2】ISSN取得済みの電子媒体のみですが、J-StageまたはCiNiiで公開されているので納入は不要でよいですか?
【Ans.】J-StageまたはCiNiiで公開されているものは国等のインターネット資料に該当するので今回の制度の対象ではありません。

【Q.3】ISSN取得済みの電子媒体(オンラインジャーナル)のみですが、掲載はJ-StageやCiNii以外となります。会員限定(状況によっては期間限定)の制限がかかっているので納入は不要でよいですか?
【Ans.】会員限定であっても、無料で会員になれる場合は納入義務があります。ただし、会員限定資料は、当館側で資料の存在を確認しづらい場合も考えられますので、個別に御相談ください。

【Q.4】ISSN取得済みの電子媒体のみですが、オープンアクセスのため納入は必須ですか?
【Ans.】そのとおりです。(あんずより : 忘れずに納入しましょう!!)

【Q.5】ISSN未登録の電子媒体のみですが、オープンアクセスのため納入は必須ですか?
【Ans.】ISSNがない場合でも、ISBN、DOIが付与されている場合又はPDF、PDF/A、EPUB、DAISYのいずれかのフォーマットで作成されていれば納入義務があります。(あんずより : 注意が必要ですね。再度確認を!!)

【Q.6】ISSN取得済みの電子媒体のみで、毎年定期発行をしております。アクセス制限もありません。制作会社が毎年違う場合も納入は必須ですか?
【Ans.】制作会社がどこかに関係なく、ISSNのあるオンライン資料は納入義務があります。

【Q.7】ISSN未登録の電子媒体のみで、毎年定期発行をしております。紙媒体はなく電子媒体のアクセス制限もありませんが、制作会社が毎年違う場合も納入は必須ですか?
【Ans.】ISSNがない場合でも、ISBN、DOIが付与されている場合又はPDF、PDF/A、EPUB、DAISYのいずれかのフォーマットで作成されていれば、制作会社がどこかに関係なく納入義務があります。

【Q.8】制作会社は毎年違いますが、ISSN取得済みの電子媒体で紙媒体と内容が同じなら納入不要でよいですか?(Q1と似通った内容ではありますが・・・)
【Ans.】原則として、紙媒体と電子媒体はそれぞれ納入義務があります。ただし、紙媒体のものと同一版面であることをお申し出いただいて当館で確認ができた場合は、電子媒体の納入は不要です。

【Q.9】従来より紙媒体を納入していましたが、今後紙媒体を廃止して電子媒体(オンラインジャーナル)のみとなります。しかし、アクセス制限があるため電子媒体の納入は不要と考えてよいですか?結果、納入されない空白の期間ができますがどうしたらよいですか?
【Ans.】会員限定というアクセス制限があっても、無料で会員になれる場合は納入義務があります。有償のものやDRMがあるものは納入不要ですが、空白期間が生じるのは望ましくないので、ご寄贈いただける場合はご相談ください。(あんずより : どうするべきか?一度ご相談するのがよいように思われます!!)

【Q.10】電子媒体の納入忘れなど、納入に不備などがあった場合、発行者や制作会社に罰則はありますか?
【Ans.】今回の制度には罰則はありません。(あんずより : 忘れずに納入しましょう

【Q.11】電子媒体はどのように納入すればよいですか?
【Ans.】以下のページにご案内を掲載しておりますとおり、納入方法については、具体的なご案内を準備中で、平成25年6月頃までにホームページに掲載予定です。基本的には当館より自動収集する方法が主となる想定です。(http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/online_data.html#annai) 

 

【大事なポイント】 

 

●紙媒体と電子媒体の内容が同じ場合は、国立国会図書館に申し出て確認されれば電子データの納入は不要となります。

●J-StageやCiNiiなどの国の機関で公開・保存されている場合は納入不要となります。

●J-StageやCiNiiなどの国の機関以外で電子媒体を公開していて、かつアクセス制限がある場合は国立国会図書館に確認をしましょう。

 


以上です。みなさんの疑問に少しでもお役立ていただければと思います。
詳細をさらに知りたい場合は、下記URLより国立国会図書館のHPをご覧ください。
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/online_data.html

2012年12月21日 お知らせ

12月のご挨拶

冬も本格的になり寒さが厳しくなってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。あんずは数週間前から風邪を患っていたものの、冬の味覚のお陰ですっかり元気を取り戻しています。乾燥の季節、皆様も風邪にはお気をつけくださいませ。

12月も下旬となりましてクリスマスや年末が目前に迫ってまいりました。今年はお家でクリスマスを過ごすのがトレンドだそうですが皆様はいかがでしょう?

去年もイルミネーションの話題をお話しましたが、今年はスカイツリーの完成や、東京駅舎復元の際に話題となったプロジェクションマッピングなど、去年とは大きく変わったイルミネーションが楽しめるみたいです。外でもお家でも素敵なクリスマスになるといいですね!

クリスマスが過ぎればあっという間に年末ですね。今年は杏林舍にとってKaLib大躍進の1年となりました。また印刷については弊社印刷工場の リニューアルに向けて着々と準備を進めており、来年1月からの稼動がとても楽しみです。来年も印刷・電子書籍・Web事業ともに、更なる発展を目指してが んばります!


それでは少し早いですが、皆様よいお年を・・・

 

年末年始休業のご案内
休業期間:2012年12月29日(土曜日)~2013年1月6日(日曜日)
2013年1月7日(月曜日)午前8時30分より通常通り営業開始いたします。
※年末年始休業について、詳細はコチラ

 

新着記事

このページの先頭へ