よくあるお問い合わせ
お問い合わせ

What's new

more
  • 2018年11月5日
    S1Mワークショップ
    ScholarOne Manuscripts(S1M)をご利用の皆様に、システムの操作方法や機能をよりご理解いた ...
  • 2018年11月5日
    イベント開催予定
    出展情報 学術集会会場にて電子書籍サービスKaLibを実際にご利用いただけるiPadレンタル ...
  • 2018年9月25日
    常時SSL化でwebサイトを安全に運営しよう!
    インターネットで買い物をしたり、会員ページへログインする時、個人情報を入力する ...

あんずジャーナル

2018年1月1日 ご挨拶

年始のご挨拶 2018

新年あけましておめでとうございます。
本年もご愛顧の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

『S1Mニュース』や『あんずジャーナル』を通じて、海外の学術ジャーナルの動向など様々な情報を皆様にお伝えしてまいります。
また、英文誌を中心としたサービスのさらなる充実を予定しております。どうぞご期待ください!
新年の営業は1月5日(金)より開始いたします。

PS. 杏林舎からの年賀状、届きましたか?
今年の年賀状は海外の学術ジャーナルに関するサービスの充実を中心としたご挨拶となっております。ぜひご覧ください!

2017年12月26日 ご挨拶

年末のご挨拶

今年も残り一週間ちょっとですね。寒さも一層厳しくなってきました。

2017年は、アメリカやスペインなど海外で開催されたScholarOne Manuscriptsセミナーに参加し、レポートやS1Mニュースでユーザーの皆さまへ最新の情報をお届けすることが出来ました。また、ESCIやPMCの申請代行など英文誌に関するサービスを開始し、たくさんのお客様にご好評いただいております。

来年も様々な機会を通じて皆様に価値ある情報を発信してまいります。
どうぞ、よいお年をお迎えください。

PS. 2018年カレンダーのお知らせ
杏林舎カレンダー、皆様のお手元に届いていますか?
今年は初の試みで、翌年の2019年1月分まであります!
卓上版の表紙は干支の犬をモチーフに、来年のラッキーカラー「オレンジ・ピンク・ゴールド」を取り入れた計4パターンをご用意しました。
たくさん使っていただき、皆様にラッキーが訪れることをお祈りしております!

年末年始休業のご案内
休業期間:2017年12月29日(金曜日)~2018年1月4日(木曜日)6日間
※2018年1月5日(金曜日)午前8時30分より営業を開始いたします。
※年末年始休業について、詳細はこちらをご覧ください。

2017年1月1日 ご挨拶

年始のご挨拶 2017

新年あけましておめでとうございます。

杏林舎は今年度で70周年を迎えました。これもひとえに皆様のご支援、ご協力あってのことと、心より感謝申し上げます。

70周年を機に、改めて初心に戻り、お客様へ価値あるサービス、新鮮な情報を提供し、さらなる挑戦を続けてまいります。

本年もご愛顧の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

PS. 杏林舎からの年賀状、届きましたか?
今年の年賀状は70周年を迎えたご挨拶となっております。ぜひご覧ください。

2016年12月28日 ご挨拶

年末のご挨拶

クリスマスも終わり、いよいよ年末、そして新年が近づいてきました。

2016年は、ScholarOne Manuscriptsユーザーカンファレンスの開催、様々な学術大会への出展を行いました。多くのお客様にお集まりいただき、どのイベントもお蔭様で盛況で終えることが出来ました。
また、KaLib Storeの商品も充実し、ご好評いただいております。商品はこれからも続々と、追加予定です。

来年も、皆様にとって価値ある情報の提供を目指してまいります。
どうぞ、よいお年をお迎えください。

PS. 2017年カレンダーのお知らせ
杏林舎カレンダー、皆様のお手元に届いていますか?
恒例の来年のラッキーカラーを採用した表紙ですが、2017年は「ブルー・シルバー・ゴールド」ということで、3種類をご用意しました。
たくさん使っていただき、皆様にラッキーが訪れることをお祈りしております!

年末年始休業のご案内
休業期間:2016年12月29日(木曜日)~2017年1月4日(水曜日)

※2017年1月5日(木曜日)午前8時30分より営業を開始いたします。
※年末年始休業について、詳細はこちらをご覧ください。

2016年1月1日 ご挨拶

年始のご挨拶 2016

あけましておめでとうございます。
本年もご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。
杏林舍は、1月5日より、新年の営業を開始いたします。
今年も、『S1Mニュース』やこの『あんずジャーナル』を通して、新鮮な情報をいち早く発信することで、より一層皆様のお役に立てるように頑張ります。
また今年も数々のイベントを開催する予定です。
様々な機会で皆様とお会いするのを楽しみにしております。
今年もお付き合いの程、よろしくお願いいたします。

PS. 杏林舎からの年賀状、届きましたか?
今年の年賀状は学術ジャーナルを中心とした杏林舎の様々なサービスをご案内しています。ぜひご覧ください!

新着記事

このページの先頭へ