よくあるお問い合わせ
お問い合わせ

What's new

more
  • 2018年11月5日
    S1Mワークショップ
    ScholarOne Manuscripts(S1M)をご利用の皆様に、システムの操作方法や機能をよりご理解いた ...
  • 2018年11月5日
    イベント開催予定
    出展情報 学術集会会場にて電子書籍サービスKaLibを実際にご利用いただけるiPadレンタル ...
  • 2018年9月25日
    常時SSL化でwebサイトを安全に運営しよう!
    インターネットで買い物をしたり、会員ページへログインする時、個人情報を入力する ...
HOME  >  出版倫理セミナー ~Liz Wager氏(COPE前委員長)が語る、学術ジャーナルが取り組むべき出版倫理~ レポート

出版倫理セミナー ~Liz Wager氏(COPE前委員長)が語る、学術ジャーナルが取り組むべき出版倫理~ レポート

2015年1月20日、TKP大手町ビジネスセンターにて、UniBio Press/株式会社杏林舍の共催によるセミナーを開催しました。
昨年のS1Mユーザーカンファレンスに引き続き、「出版倫理」をテーマとしたセミナーで、今回は、COPE前委員長のLiz Wager氏を招き、約30数名の方がご参加されました。

開催概要はこちら

趣旨

学術論文の出版においては、出版倫理の観点において妥当性を欠いた論文が投稿されるケースがよくあります。近年こうした問題は増える傾向にあり、国内外の学協会や出版社はその対応に苦慮しているといわれます。
このような状況を受けて、この度、世界的に権威のある欧州の出版倫理委員会、COPE(Committee on Publication Ethics)の前委員長、Liz Wager氏をお迎えして、「学術ジャーナルにおける出版倫理」をテーマとするセミナーを開くことといたしました。
Wager氏には、オーサーシップやCOI(利益相反)など、出版倫理におけるリアルな諸問題について最新の知見を語っていただきます。

このセミナーを通じて、みなさまの日常業務に新しい視点や問題解決法をお届けできるものと確信しております。

日時:2015年1月20日 14:00~16:30
会場TKP大手町ビジネスセンター カンファレンスルーム6A
対象:ジャーナル編集担当者
共催:UniBio Press/株式会社杏林舍
会費:無料

プログラム

ご挨拶(14:00~14:05)

永井 裕子(UniBio Press、日本動物学会)

COPE前委員長、Liz Wager氏のご紹介、現在直面している出版倫理におけるその対応の苦慮等、セミナー開催の趣旨についてお話がありました。

 

S1M紹介:ScholarOne Manuscriptsによる提出書類の回収について(14:05~14:20)

真鍋 達弘(杏林舍)

Authorship、COI等に関する各種書類の提出について、S1Mで回収する方法を「e-form」機能を中心に紹介しました。

 

講演:Publication ethics for editorial staff(学術雑誌の編集者が身につけておきたい出版倫理)(14:20~16:20)

Elizabeth Wager PhD

研究、出版の観点から、倫理において考慮すべき、7つの視点について講演いただきました。

  1. 非倫理的研究
  2. オーサーシップ問題
  3. 剽窃
  4. 重複出版
  5. 捏造による報告
  6. 画像の改竄
  7. 利益相反(Conflict of Interest)
 

質疑応答(16:20~)

ご参加の学協会の皆様からは、実際に直面している具体的な事例を挙げたご質問が目立っていました。

 

 

↓S1MNEWS No.06↓ でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

S1M NEWS
S1MNEWS2015年3月31日発行 第6号

主な記事
■ 出版倫理セミナー開催レポート
■ CrossCheck / iThenticateデータベース
■ 第5回S1M ワークショップを終えて

S1MNEWS バックナンバーはこちら

このページの先頭へ