よくあるお問い合わせ
お問い合わせ

What's new

more
  • 2018年11月5日
    S1Mワークショップ
    ScholarOne Manuscripts(S1M)をご利用の皆様に、システムの操作方法や機能をよりご理解いた ...
  • 2018年11月5日
    イベント開催予定
    出展情報 学術集会会場にて電子書籍サービスKaLibを実際にご利用いただけるiPadレンタル ...
  • 2018年9月25日
    常時SSL化でwebサイトを安全に運営しよう!
    インターネットで買い物をしたり、会員ページへログインする時、個人情報を入力する ...
HOME  >  お知らせ  >  杏林舎とJohn Wiley & Sons、ScholarOne Manuscriptsのサポートサービスで提携

杏林舎とJohn Wiley & Sons、ScholarOne Manuscriptsのサポートサービスで提携

杏林舎は、Wiley-Blackwellが出版し、ScholarOne Manuscriptsを利用する日本の学会誌のサポートのため、John Wiley & Sonsとサポート・メンテナンス契約を締結しました。

ScholarOneはThomson Reuters事業のひとつで、その製品であるScholarOne Manuscripts はWebベースのアプリケーションを使って論文の投稿、ピアレビュー、出版のプロセスを効率化し、「学術関連のジャーナル」「書籍」「議事録」のワークフロー管理を包括的に行うシステムです。
杏林舎は、日本語インターフェースを兼備する業界最高レベルのシステムであるScholarOne Manuscriptsのフルサポートを行っています。

杏林舎は、ScholarOneとタッグを組むことで、これまで日本で学術雑誌出版に対するサービスを提供してきました。そして、今回Wiley-Blackwellとの提携により、同社の学会出版物のサポートを行えるようになります。

Wiley-Blackwellは現在、理工学、医学と社会科学分野における日本の学会誌51誌を発行しており、その学会パートナーに対してScholarOne Manuscriptsを利用することを推奨しています。

「杏林舎とのパートナーシップにより、Wiley-Blackwellは日本の学会パートナーに幅広い出版サービスを提供し続けることが可能になり、編集事務局を運営する学会パートナーに対してはこれまで以上に包括的なサポートと迅速な対応ができるようになるでしょう」と、Wiley-BlackwellのMark Robertson氏 (Wiley Japan・Wiley Australia代表取締役社長 兼 Asia-Pacific Wiley-Blackwell副社長 ・ 出版部ディレクター) は述べています。「この提携は、Wiley-Blackwellの日本でのジャーナルビジネスを広げるうえで新たな展開をもたらすと思います」


情報ソース:http://www.kyorin.co.jp/pr/
株式会社杏林舍:http://www.kyorin.co.jp/
ScholarOne:http://www.kyorin.co.jp/scholarone/
Wiley-Japan:http://www.wiley.co.jp/
John Wiley & Sons, Inc : http://www.wiley.com/
John Wiley & Sons, Incプレスリリース:http://as.wiley.com/WileyCDA/PressRelease/pressReleaseId-87457.html
 

株式会社杏林舍についてhttp://www.kyorin.co.jp/
杏林舍はScholarOne製品の日本総代理店です。
杏林舍は60の主要な学協会を支援する日本の代表的な学術サービスプロバイダーであり、研究論文やアブストラクトを紙とオンラインでクロスメディア出版する事業をサポートしています。研究雑誌、プロシーディング、ニューズレター他の刊行物の編集サポート、制作、印刷から、オンラインジャーナルの技術コンサルテーション・制作・マネージメントや、研究データベースおよびソフトウエアの開発に至るまで、サービス領域は多岐に及んでいます。

Wiley-Japanについてhttp://www.wiley.co.jp/
John WileyとBlackwell Publishingという二大出版社の合併によって2007年に誕生したWiley-Blackwellは、1,400誌以上のジャーナルと多数の書籍を出版する国際的な学術出版社です。この他にWileyは、技術書・一般書・学生向け教科書といった分野でも活発な出版を行っています。

このページの先頭へ