よくあるお問い合わせ
お問い合わせ

What's new

more
HOME  > あんずジャーナル  > 最新エントリー

あんずジャーナル

2024年2月16日 お知らせ

ICMJEアップデート<2024年1月>

2024年1月に医学領域における国際基準を策定している国際医学雑誌編集者委員会のICMJE(国際統一投稿規定)のアップデートがありました。
https://www.icmje.org/news-and-editorials/icmje-recommendations_annotated_jan24.pdf


今回のアップデートは主に下記の3点です。

  • Authorship
  • ‐AI機能の利用と開示
  • ‐医学ジャーナルと炭素排出量

まずAuthorshipについては近年低中所得国で集められたデータを基にした論文で、それらの国の現地研究者を著者から除外する事案が多くみられるため、ジャーナルはその様な可能性がないか、査読の際には注意を払う必要があります。もし、これらの研究者が著者として含まれていないという疑いがもたれる場合、著者にAuthorshipの正当性を疑うべきである、とのことです。

AI機能の利用と開示については、著者が論文の執筆にAI機能を用いた場合、その旨を謝辞(Acknowledgement)内で開示する必要があり、また研究過程において利用した場合は「方法(method)」のセクションで詳細を説明する事が新たに求められています。

加えて既に2023年8月発行のS1M News2023年6月5日のあんずジャーナルでもお知らせしているように、査読にAI機能を利用は守秘義務違反にあたる可能性があります。このことから今回のアップデートでは査読規定内において査読におけるAI機能の利用について言及すべきであると記載されています。また、その際に査読者は事前にその利用について許可を得る必要が発生します。

その他のトピックとして医学ジャーナルと二酸化炭素の排出に関する項目が追加され、ジャーナルは、炭素排出実質ゼロの達成に向けてあらゆる戦略の策定に協力すべきであると記されています。また、研究助成金に関する謝辞の記載範囲や研究参加者の保護について、および文献の記載に関するアップデートが追加されました。

2024年2月2日 お知らせ

ジャーナルインパクトファクターのコントロール

以前の記事(参考記事:投稿数は簡単に増やせる?)では、投稿数を直接的に増やせる数少ない方法の一つとして、ジャーナルインパクトファクター(JIF)の取得をご紹介しました。

最近ではJIFのジャーナルへの付与基準が緩和されたこともあり(参考記事:インパクトファクターが当たり前の時代に?)JIF取得コンサルティングの問い合わせも急増しています。

この変更は引用の少ない分野や新興雑誌にとってはJIFを獲得する大きなチャンスである一方で、既にJIFをもっているジャーナルにとってはネガティブな影響をもたらす可能性があります。
これまでJIFはフラッグシップコレクションであるSCIEの収載誌にのみ付与されていましたが、現在は新興ジャーナル向けのESCI収載誌にも付与され、どちらのデータベース収載誌も同一の指標で評価されるようになりました。結果、SCIE収載誌よりもJIFの高いESCI収載誌に研究者の注目が集まるという逆転現象も一部で起きています。
競争が激化することでもともとSCIEに収載されていたジャーナルであってもJIF値の低迷、場合によってはコレクションから除外(JIFをはく奪)されてしまう可能性も以前より高くなっています。

そのため今後は先回りしてパーセンタイル(領域内順位の%)やクォータタイル(領域内順位の四分位)を上げていく施策を検討、実施することでJIFをコントロールすることの重要性が高まっていくと考えられます。なおJIFは相対的に評価するものですので、数値としてJIFが上がっていくことよりも領域内での順位や四分位が上がることの方が重要です。

JIFを取得するまでの重要なポイントは

  1. 最新の国際基準に準拠し、変更にキャッチアップする運営体制
  2. ジャーナルポリシー誌面に反映させる編集体制
    ですがJIFを維持・向上させていくにはそれにプラスして
  3. どんな論文がどんな属性の著者に引用されているのか、自誌の引用傾向を決定づける要因が何なのかを特定し、そこにマッチする施策をピンポイントに実施する
  4. 領域内の他ジャーナルの引用傾向と要因を知ることから、他誌の戦略を知り自誌の運営へ応用する

ことが必要になってきます。このような分析を行うことで初めて広報などの施策が有効なものとして設計できるようになります。

またこういった分析を用いた長期的な戦略と併せて掲載論種のコントロールなど、短期的な施策も適宜行うことも必要です。

しっかりと分析と対策をたててジャーナルの質と価値を高めていきましょう。

私たちはJIF取得コンサルティングを始め、引用分析や他誌をベンチマーキングとした分析、広報立案などJIF取得、維持・向上を強力にバックアップします。
「JIFが低迷して困っている」「JIFとりたいけど何をしていいかわからない」といったお悩みでも構いませんので、興味のある方はぜひinfo@seekl.jpまでご一報ください。

2024年1月25日 お知らせ

投稿数は簡単に増やせる?

一昨年5月公開のS1M Newsでコロナ禍とその後の国内論文投稿数についてレポートしました。(まだ読んでいない方はこちら

記事では英文誌和文誌ともにコロナ禍で大幅に投稿数が増えたものの、その後の感染症の収束に合わせるように減少し、2022年時点ではコロナ禍以前と同程度かそれ以下まで落ちていることをお伝えしました。
私たちも「コロナ禍前よりも投稿数が減ってしまっている」「投稿数の減少が止まらない」など、投稿数に関するお悩みをこの1年で特に多くご相談いただきました。

ジャーナル運営関係者の皆様が日頃から頭を悩まされていることからも分かる通り、投稿数が伸び悩む原因はジャーナルそれぞれで多岐にわたっており、「これをこうすれば投稿が増えます!」と明快にご案内できるものではありません。

「投稿者にとって投稿しやすい環境が整備されているのか?」
「投稿者が投稿したいと思わせる情報が見やすく表示されているか?」
「執筆・投稿にかける労力に見合った見返りがあるのか?」

など、投稿者から見た雑誌の姿を客観的に分析して、多角的に複数の対策を実施していかなければなりません。
投稿募集戦略というと、広報が真っ先に思い浮かぶかもしれません。SNS運用やジャーナルサイトの活用、その他外部ツールの利用など多くの手段がありますが、どれか一つをとって直接的に投稿数に大きな影響を与えるものではないため、細かくKPI(Key Performance Index)を設定した綿密なプラン設計が必要です。

そんななかで、直接的に投稿数にポジティブな影響を与え易いのが、PMCやMedlineなどのデータベースへの収載やジャーナルインパクトファクター(JIF)の取得です。JIFを持つジャーナルに論文が掲載されることは著者の実績にもつながります。JIF値の分析とコントロールを行うことで投稿数増大効果をより大きくすることができます。

PMC収載はJIF取得に比べて即効性が高く、投稿数増加効果が収載後1年内に現れることが多いように感じます。私たちがコンサルティング・サポートしているジャーナルの中には、PMC収載後翌年には、投稿数が倍に増えたジャーナルもあります。
もちろん日頃から投稿数増加のための工夫や施策を多くうってきた努力の賜物なのですが、PMC収載がきっかけになっていることは間違いありません。
もしも論文投稿数の頭打ちや現象にお悩みであるのであれば、JIF取得やPMCなどの国際的なデータベースへの収載を検討されても良いかもしれません。

データベースへのジャーナル収載に向けた準備申請には相応の労力がかかります。
データベース収載申請・JIF取得の第一歩として、ジャーナル診断で問題点を洗い出してみることをおすすめします。
ジャーナル診断はPMCやESCI(JIFが付与されるデータベース)を初めとする国際的なデータベースの審査基準にジャーナルがどの程度合致しているのか、これからどんなことをしなければならないのかなど、スタート地点の確認に最適です。

2023年12月26日 お知らせ

年末のご挨拶

2023年も残り後わずかですね。

インフルエンザの流行が目立つ冬でしたが、
気を緩めることなく、感染防止対策を徹底していきましょう。

今冬は暖冬傾向でありますが、急な寒さに気をつけて、良いお年をお迎えください。

PS. 2024年カレンダーのお知らせ
杏林舎カレンダー、皆さまのお手元に届きましたか?
卓上版の表紙は干支の「竜(辰年)」をモチーフに、来年のラッキーカラー
「赤色・金色・銀色」を取り入れた3パターンをご用意しました。
たくさん使っていただき、皆様にラッキーが舞い込みますように!

年末年始休業のご案内
休業期間:2023年12月29日(金曜日)~2024年1月4日(木曜日)
※2024年1月5日(金曜日)午前8時30分より営業を開始いたします。
※年末年始休業について、詳細はこちらをご覧ください。

2023年12月21日 お知らせ

2023年「学術出版界」の重大ニュース!

2023年も残すところ残りわずかとなりましたが、振り返ると今年も多くの重大ニュースがありました。杏林舎でも5月には3年ぶりにトロントで現地開催されたCouncil of Science Editors 2023 Annual Conference(CSE:国際科学編集者会議)へ参加し、世界中のサイエンス・エディターと情報意見交換をしてまいりました。(関連記事:「海外セミナー参加レポート」

セミナー期間中にいたるところで話題に上がっていたのがジェンダーやマイノリティに関するトピックです。論文内でのジェンダーや差別的表現に関する規定がICMJE Recommendations (ICMJE)に追記されたのは、カンファレンス後間もなくのことでした。
学術出版界において2023年で最も大きなニュースは    やはりJournal Impact Factor(JIF)の付与基準が変更されたことでしょう。(関連記事:「ジャーナル・インパクトファクター(JIF)の取得にあたって」

JIFへの間口が広く開かれたことによって、今後JIFをめぐるジャーナル間の競争が益々激しくなっていくことは間違いありません。
そして忘れてはいけないのが生成AIの取り扱いに関する規定がICMJEに追加されたことです。(関連記事:「論文執筆時のAI利用は “要注意”」

生成AIの著者権や使用の制限について細かく規定されましたが、実際に不正使用の捕捉が難しいのが現実です。特にJIF基準変更と生成AIの取り扱いについては来年以降に影響が現れてくるため、引き続き注視が必要です。

今年はJIFの付与基準変更やICMJEの改定など、基準の変更が多く起きた印象的な一年でしたね。国際基準は日々アップデートされており、今後もジャーナルを取り巻く環境はめまぐるしく変化していくことが予想されます。2024年も引き続き皆様にとって有益な情報をお届けできるように精一杯務めさせていただきます。

ジャーナル運営についてお困りごとがございましたらぜひお問い合わせください。
»  お問い合わせフォーム

新着記事

このページの先頭へ