よくあるお問い合わせ
お問い合わせ

What's new

more
  • 2017年12月15日
    年末年始休業のご案内
    お客様 各位:年末年始休業のご案内 拝啓 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げま ...
  • 2017年10月31日
    イベント開催予定
    出展情報 学術集会会場にて電子書籍サービスKaLibを実際にご利用いただけるiPadレンタル ...
  • 2017年10月27日
    S1Mワークショップ
    ScholarOne Manuscripts(S1M)をご利用の皆様に、システムの操作方法や機能をよりご理解いた ...
HOME > 製品情報  >  S1MNEWS  >  Reviewer Locatorのご紹介

Reviewer Locatorのご紹介

Web of Scienceによる査読者推薦機能 Reviewer Locator

投稿論文と優れた研究者をマッチングする
Reviewer Locator

Reviewer Locatorは、最適な査読者を推薦するScholarOne Manuscripts (S1M)のオプション機能です。Clarivate Analytics社(前Thomson Reuters社)が提供する最高水準の調査研究プラットフォーム「Web of Science(WoS)」と連動し、貴誌への投稿論文とのマッチングを行うことで、査読に最適な研究者を推薦します。
Reviewer Locatorが推薦する候補者は、執筆した文献が過去5年以内にWoSへ収録された優秀な研究者だけです。
もうEditorの個人的なネットワークだけに頼る必要はありません。世界中の優れた研究者が貴誌の査読者候補となります。

Editor の負担を軽減

Reviewer LocatorはEditorが
優れた査読者の選出を効率的に行うために設計されています。

  • Reviewer Locatorは自動的に実行され、調査結果は査読者選出画面に表 示されます。
  • Editorは画面上で候補者のリストから査読依頼を行うだけです。
  • リストには候補者のORCID IDや 著作論文のDOI、WoSへのリンクが表示 されますので、研究者情報も確認できます。
  • 1論文につき最大30名の優れた研究者がリストアップされます。
  • もちろん従来の選出方法もそのままご使用いただけます。

導入の決め手はEditorからの評判
Canadian Science Publishingの導入事例

Canadian Science Publishingでは、出版している17誌すべてにReviewer Locatorを導入しています。導入のきっかけは「査読者候補の選出にストレスを感じていた」こと。Reviewer Locatorの効果を確認する為に、まず3誌で試験的に導入を行いました。結果としてほとんどのEditorから好意的に受け入れられたこと、従来と査読の受諾率に違いが無かったことから全てのジャーナルで導入を決定しました。

英文誌の世界標準へ 世界の約 2,800 誌が導入

2013年12月のリリース以来、導入ジャーナルが増え続けています。2016年11月時点では約2,800誌がReviewer Locatorを導入しており、これは全S1M利用ジャーナルの43%に相当します。

Reviewer Locator(RL)の累計実績(2016年11月時点)

  • 全S1M利用ジャーナルの43%が導入(約2,800誌)
  • 500,000以上の論文でReviewer Locatorが利用
  • RLが推薦した研究者のうち140万人が査読者候補として選出
  • RLが推薦した研究者によって40万件の査読が完了

ご利用料金・初期設定料:無料・年間利用料:S1Mの年間利用料の15%

30日間無料トライアル実施中!お気軽にお問い合わせください
03-3910-4517
S1M NEWS
S1MNEWS2017年5月29日発行 第13号

主な記事
■ 特集レポート:『査読依頼・日数』の集計結果
■ 機能紹介:Reviewer Locator ~30日間無料トライアル実施中!~
■ 2016年 運用開始ジャーナル

S1MNEWS バックナンバーはこちら

このページの先頭へ