よくあるお問い合わせ
お問い合わせ

What's new

more
  • 2024年5月21日
    ジャーナル・コンサルティング専門ブランドSeeklのご案内
      拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り誠 ...
  • 2024年5月21日
    S1MNEWS No.2
    ※2014年3月時点の記事です ※2016年4月にCrossCheckは「Similarity Check」に名称が変わりました ...
  • 2024年5月21日
    S1MNEWS No.3
    毎年恒例の国際科学編集者会議(CSE:Council of Science Editors)のアニュアル・ミーティング ...
HOME > サービス  >  学術論文誌制作  >  ご入稿データについて

ご入稿データについて

  1. 前付け
    「お知らせ」 (推奨入稿形式 [以下同]:Word、テキスト)
    前回と比べ修正が少ないようであれば前回の内容に赤字を入れていただき、それを原稿とすることも可能です。但し、修正箇所が多岐にわたる場合や新規に項目を設ける場合はデータでのご入稿をお願い致します。

    「交通案内図・会場案内図」 (Illustrator、PDF)
    Illustrator、PDFでのご入稿をお願い致します。Illustratorの場合、アウトラインデータでご入稿いただくと文字化けや図版のずれがなく確実です。但し、弊社での修正作業が出来ない場合もありますので、修正の可能性がある場合はアウトラインを取らずにご入稿下さい。その場合、使用されているフォントが弊社にない場合は、似たものに変換させていただくことがございますのでご了承下さい。
    図の作成・入手が困難な時は弊社で作成することも可能ですが、作成時間確保のため早めのご連絡をお願い致します。

    「日程表」 (Excel)
    プログラムデータを使用して弊社にて作成致します。
    確認・管理用にエクセル等で作成しているデータがありましたら、参考資料として使用させていただきますので他のデータと一緒にご入稿下さい。

    ※「目次」がある場合は内容・頁を確認の上、弊社にて作成させていただきます。

  2. プログラム (Excel)
    1演題毎に発表日時・会場・座長名・座長所属・セッション名・セッションテーマ等を決定、データ化をお願い致します。
    雛形をご用意しておりますので、そちらに沿ってデータ化していただいても結構です。
    ※UMINをご使用の場合は、必ず登録番号を入れて下さい。

  3. 抄録 (CSV [UMIN]、Word)
    UMINをご使用の場合…UMINよりダウンロードしたCSVデータをご入稿下さい。
    Wordでの投稿の場合…どの演題のデータなのかがすぐに判別できるように、ファイル名を変更してご入稿下さい。
    (例/「演題番号+氏名.doc」)


  4. 弊社で作成させていただきますのでご入稿は不要ですが、「セッションのねらい」や「座長の言葉」などを扉に掲載する場合は、別途テキストデータをご入稿下さい。

  5. 索引
    弊社で作成させていただきますが、著者・座長(座長索引がある場合)の「氏名よみ」が不明な場合は、ご確認お願い致します。よみ不明の箇所も含め、初校の際によみ仮名順に著者名を並べたリストをご提出いたしますので、プログラム・抄録の赤字(氏名の変更・演題番号の変更)を随時反映していただきますようよろしくお願い致します。

  6. 表紙(Illustrator、Photoshop、PDF)
    作成済みのデータをご入稿いただくことも可能ですが、弊社からデザインのご提案をすることも可能です。

  7. 広告
    印画紙ではなくデータでのご入稿をお願いしております。データの支給が困難な場合は事前にご相談下さい。

このページの先頭へ