よくあるお問い合わせ
お問い合わせ

What's new

more

あんずジャーナル

2022年1月1日 ご挨拶

年始のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

今年も『S1Mニュース』や『あんずジャーナル』などを通じて、学術の最新情報を皆様にお伝えしてまいります。
また、医学系学会向けのeラーニングシステムサービスを開始いたします。
どうぞご期待ください!

新年の営業は1月5日(水曜日)より開始いたします。

PS. 杏林舎からの年賀状、届きましたか?
今年の年賀状は新サービス「医学系学会向けeラーニングシステム KaLibEL(カリベル)」リリースのご案内です。ぜひご覧ください!
https://www.kalibel.jp/

2021年12月27日 ご挨拶

年末のご挨拶

2021年も残り一週間を切りました。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染状況は落ち着きを見せつつも、新たな変異株が確認されるなど、未だ収束の兆しが見えません。
その変化に対応していく中で、今年もあっという間の1年だったと感じています。

感染された方の一日も早いご回復をお祈りしますとともに、最前線で献身的な努力をされている、医療従事者をはじめとしたエッセンシャルワーカーの皆さまに、心より感謝と敬意を申し上げます。
感染収束の一助となれるよう、杏林舎社員一同、引き続き尽力してまいります。

年末年始は全国的に寒い日が続くようです。
お身体に気をつけて、良いお年をお迎えください。

PS. 2022年カレンダーのお知らせ
杏林舎カレンダー、皆さまのお手元に届きましたか?
卓上版の表紙は干支の「寅」をモチーフに、来年のラッキーカラー「山吹色・ワインレッド・クリーム色・ゴールド」を取り入れた4パターンをご用意しました。
たくさん使っていただき、皆様にラッキーが舞い込みますように!

年末年始休業のご案内
休業期間:2021年12月29日(水曜日)~2022年1月4日(火曜日)
※2022年1月5日(水曜日)午前8時30分より営業を開始いたします。
※年末年始休業について、詳細はこちらをご覧ください。

2021年1月1日 ご挨拶

年始のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

今年は新型コロナウイルス感染症の影響で皆様とお会いできる機会が例年より少ないかもしれませんが、その分、『S1Mニュース』や『あんずジャーナル』などを通じて、学術の最新情報をたっぷり皆様にお伝えしてまいります!

新年の営業は1月5日(火曜日)より開始いたします。

PS. 杏林舎からの年賀状、届きましたか?
学術ジャーナルを中心とした杏林舎の様々なサービスをご案内しています。ぜひご覧ください!

2020年12月18日 ご挨拶

年末のご挨拶

2020年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大という未曾有の事態に直面し、生活様式も新しいものになりました。
その変化に対応していく中で、あっという間の1年だったと感じています。

感染状況は第三波の渦中にあり、収束の兆しが見えません。
感染された方の一日も早いご回復をお祈りしますとともに、最前線で献身的な努力をされている、医療従事者をはじめとしたエッセンシャルワーカーの皆さまに、心より感謝と敬意を申し上げます。

私どもも、「学術情報の流通を止めない」を合言葉に、多くの社員がテレワークにて業務を行っています。未だこの状況は続きそうですが、杏林舎社員一同、来年も尽力してまいります。

寒く乾燥した日が続きます。くれぐれも体調には気を付けて、どうぞ良いお年をお迎えください。

PS. 2020年カレンダーのお知らせ
杏林舎カレンダー、皆さまのお手元にもそろそろ届いているでしょうか。
卓上版の表紙は干支の「丑」をモチーフに、来年のラッキーカラー「イエロー・ラベンダー・ベージュ・ゴールド」を取り入れた4パターンをご用意しました。
たくさん使っていただき、皆様にラッキーが舞い込みますように!

年末年始休業のご案内
休業期間:2020年12月29日(火曜日)~2021年1月4日(月曜日)
※2021年1月5日(火曜日)午前8時30分より営業を開始いたします。
※年末年始休業について、詳細はこちらをご覧ください。

2020年1月1日 ご挨拶

年始のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

昨年8月、代表取締役社長に渡邊裕介が就任し、当社は新たなスタートを切りました。これまで以上に皆様に価値あるサービスを提供し、学術ジャーナルの発展に貢献してまいります。
今後とも、ご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

新年の営業は1月6日(月)より開始いたします。

PS. 杏林舎からの年賀状、届きましたか?
学術ジャーナルを中心とした杏林舎の様々なサービスをご案内しています。ぜひご覧ください!

新着記事

このページの先頭へ