よくあるお問い合わせ
お問い合わせ

What's new

more
  • 2020年1月1日
    年始のご挨拶
    新年あけましておめでとうございます。 昨年8月、代表取締役社長に渡邊裕介が就任し、 ...
  • 2019年12月23日
    年末のご挨拶
    今年も残り一週間ちょっと、例年に比べ冬晴の日が少なく、寒さが身に染みますね。 2019 ...
  • 2019年12月19日
    年末年始休業のご案内
    令和元年12月吉日 お客様 各位 拝啓 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平 ...

あんずジャーナル

2020年1月1日 ご挨拶

年始のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

昨年8月、代表取締役社長に渡邊裕介が就任し、当社は新たなスタートを切りました。これまで以上に皆様に価値あるサービスを提供し、学術ジャーナルの発展に貢献してまいります。
今後とも、ご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

新年の営業は1月6日(月)より開始いたします。

PS. 杏林舎からの年賀状、届きましたか?
学術ジャーナルを中心とした杏林舎の様々なサービスをご案内しています。ぜひご覧ください!

2019年12月23日 ご挨拶

年末のご挨拶

今年も残り一週間ちょっと、例年に比べ冬晴の日が少なく、寒さが身に染みますね。

2019年は、アメリカで開催されたCSE2019(国際科学編集者会議)やISMTE(国際マネージング&テクニカル編集者会議)に参加し、レポートやS1Mニュースを通じてユーザーの皆様に最新の情報をお届けすることができました。また、UNSILOとの業務提携を開始し、Technical Checks APIを採用するなど、学術ジャーナルの新しいサービスを提供することができました。

来年も様々な機会を通じて皆様に価値ある情報を発信してまいります。
どうぞ、良いお年をお迎えください。

PS. 2020年カレンダーのお知らせ
杏林舎カレンダー、皆さんのお手元にもそろそろ届いていますか?
卓上版の表紙は干支のねずみをモチーフに、来年のラッキーカラー「グリーン・茶色・ゴールド」を取り入れた4パターンをご用意しました。
たくさん使っていただき、皆様にラッキーが舞い込みますように!

年末年始休業のご案内
休業期間:2019年12月28日(土曜日)~2020年1月5日(日曜日)
※2020年1月6日(月曜日)午前8時30分より営業を開始いたします。
※年末年始休業について、詳細はこちらをご覧ください。

2019年1月1日 ご挨拶

年始のご挨拶 2019

新年あけましておめでとうございます。

今年も『S1Mニュース』や『あんずジャーナル』を通じ、海外の学術ジャーナルの動向など、様々な最新の情報を皆様にお伝えしてまいります。
また、英文誌を中心としたサービスのさらなる充実を予定しております。どうぞご期待ください!
新年の営業は1月7日(月)より開始いたします。

PS. 杏林舎からの年賀状、届きましたか?
今年の年賀状はさらにパワーアップした学術ジャーナルを中心とした杏林舎のサービスについてご案内しています。ぜひご覧ください!

2018年12月20日 ご挨拶

年末のご挨拶

今年もクリスマスが終わればあと一週間です。寒い日が続きますね。

2018年は、ScholarOne Manuscripts User ConferenceやISMTEに参加し、あんずジャーナルやS1Mニュースを通じてユーザーの皆様に最新の情報をお届けすることができました。
また、自動組版システムなど学術ジャーナルの新しいサービスをリリースし、ご好評いただいております。

来年は年号が変わり、新たな時代が始まります。皆様への感謝の気持ちを大切に、時代に合わせて様々なサービスを充実させてまいります。

それでは少し早いですが、年末のご挨拶とさせていただきます。
どうぞ良い年をお迎えください!

PS. 2019年カレンダーのお知らせ
杏林舎カレンダー、皆さんのお手元にもそろそろ届いていますか?
卓上版の表紙は干支のイノシシをモチーフに、来年のラッキーカラー「レッド・ホワイト・ゴールド」を取り入れた3パターンをご用意しました。
たくさん使っていただき、皆様にラッキーが舞い込みますように!

年末年始休業のご案内
休業期間:2018年12月29日(土曜日)~2019年1月6日(日曜日)9日間
※2019年1月7日(月曜日)午前8時30分より営業を開始いたします。
※年末年始休業について、詳細はこちらをご覧ください。

2018年1月1日 ご挨拶

年始のご挨拶 2018

新年あけましておめでとうございます。
本年もご愛顧の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

『S1Mニュース』や『あんずジャーナル』を通じて、海外の学術ジャーナルの動向など様々な情報を皆様にお伝えしてまいります。
また、英文誌を中心としたサービスのさらなる充実を予定しております。どうぞご期待ください!
新年の営業は1月5日(金)より開始いたします。

PS. 杏林舎からの年賀状、届きましたか?
今年の年賀状は海外の学術ジャーナルに関するサービスの充実を中心としたご挨拶となっております。ぜひご覧ください!

新着記事

このページの先頭へ