よくあるお問い合わせ
お問い合わせ

What's new

more

あんずジャーナル

2010年6月7日 イベント

はんなり京都へ・・・

6月5日(土曜日)~6日(日曜日)、社員旅行で京都に行って来ました。
杏林舍では隔年のイベントとして社員旅行があり、本来であれば昨年が『社員旅行の年』だったのですが、新型インフルエンザの影響で見送ったため、今年、再度決行することになったです。

日頃の行いの良さがあらわれ、晴天にも恵まれ、旅行日和!
東京駅『銀の鈴』前に集合した後、新幹線に乗り込みます。
新幹線の車内では『おやつ』とお酒やジュースが配られ、朝から高いテンションで京都へ向かいました。京都駅で一旦解散し、ツアーに参加する人とフリーで自由行動する人とに別れます。

京都タワー

京都の街を楽しんだ後、夜は『川床』で宴会です。
黄昏時に鴨川の自然の川風に吹かれながら京料理を味わうのは、とても雰囲気があって素敵でした。

川床

また、普段はあまり顔を合わせる機会がない社員同士の交流もできて、楽しいひと時でした。
その後、大勢の社員が再び京都の街へと消えてゆきました…。

翌日もツアー組とフリー組に別れての行動でした。
御朱印帳を片手にお寺巡りをする者、はたまた自転車で爆走する者・・・各々、2日間でしたが、京都を存分に堪能し、気分転換することができたようです。
参加者全員、無事に戻ってきており、本日からまた業務再開です!

2010年6月1日 イベント

第53回日本糖尿病学会年次学術集会

5月28日(金曜日)、岡山で開催された第53回日本糖尿病学会年次学術集会へ行ってきました。
会場は岡山駅に隣接しているホテルグランヴィア岡山と岡山コンベンションセンターを中心に、7箇所(岡山全日空ホテル,岡山市デジタルミュージアム,ターミナルスクエア,ラヴィール岡山,岡山国際交流センター)に分かれての開催でした。

第53回日本糖尿病学会年次学術集会

とにかく、参加人数が大変多いことに驚きました。
28日(金曜日)は大会2日目という事でしたが、その時点で3,000人だったそうです。
会員数からすると大変に参加率の高い総会ですね。
学会の特徴ですが、医師の先生だけではなく、栄養指導医の先生や栄養管理士の方も居られました。

事前登録制ということもあったのですが、4日分の各種セミナーも予約一杯、4日間で55講座もある2日目もほぼ予約で一杯だったそうです。
セミナー会場に入りきれない先生方が会場外のモニター前でメモを取りながら、セミナーの様子を見入っていました。

セミナー

また、糖尿病学会の特徴でしょうが、やはり医薬品メーカーの展示ブースが大変多く、しかも大きなブースで展示しているメーカーもあり、さながら見本市会場のような特設ブースもありました。

企業展示

先生方はここでもメーカーからの説明を受け、お勉強です。
将来、糖尿病の患者さんが無くなる日を夢見て、先生方は日夜努力されているのですね。

2010年5月18日 イベント

第22回日本アレルギー学会春季臨床大会

先日、5月8日(土曜日)~9日(日曜日)に行われた第22回日本アレルギー学会春季臨床大会で国立京都国際会館へ行ってきました。

第22回日本アレルギー学会春季臨床大会

今回はご出席の先生方が『ご自身の立場ではどのプログラムを受講したらよいか』がわかりやすいように配慮されていて、これから専門医を取得される先生用やコメディカルの方を対象としたプログラムが組まれたりなど、前回とはプログラムの内容がだいぶ変更になっていました。

また、今までのランチョンセミナーではなく『学会アワー』という形になっていました。
国立京都国際会館に来られた先生方はほとんどこの『学会アワー』に参加されており、昼食つきだったので、大変にぎわっていました。

2010年5月11日 イベント

第2回会社説明会を行いました。

2011年新卒採用の第2回会社説明会を行いました。
足元の悪い中、今回もたくさんの学生の方が杏林舍へ訪れてくださいました。

第2回会社説明会
知ってました?杏林舍って土足禁止なんですよ~。

第1回同様、杏林舍について、たっぷりとお伝えできたと思っています。
ご来社された学生のみなさんが聞きたいと思っていたことや、感じたいと思っていた雰囲気をつかんでいただければ嬉しいです。
希望される方とはこれから面接をさせていただくことになるわけですが、杏林舍に入社されて、一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています!

2010年4月20日 イベント

第1回会社説明会を行いました。

2011年新卒採用の第1回会社説明会を行いました。
天候も悪い中、50名以上もの学生の方が杏林舍に訪れてくださいました。

第1回会社説明会

人事担当者や各部門長より「現場の生の声」や「会社の雰囲気」をお伝えした後、一方的にこちらがお話をするのではなく、グループにわかれて学生の方からもざっくばらんにご質問していただきました。

学生のみなさん、本当にありがとうございました!

新着記事

このページの先頭へ