よくあるお問い合わせ
お問い合わせ

What's new

more
  • 2024年5月21日
    ジャーナル・コンサルティング専門ブランドSeeklのご案内
      拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り誠 ...
  • 2024年5月21日
    S1MNEWS No.2
    ※2014年3月時点の記事です ※2016年4月にCrossCheckは「Similarity Check」に名称が変わりました ...
  • 2024年5月21日
    S1MNEWS No.3
    毎年恒例の国際科学編集者会議(CSE:Council of Science Editors)のアニュアル・ミーティング ...
HOME  > あんずジャーナル  > 製品・サービス  > ScholarOne  > 2誌が新たにインパクトファクターを取得!

あんずジャーナル

2023年6月30日 製品・サービス »ScholarOne

2誌が新たにインパクトファクターを取得!

日本時間の2023年6月28日に2022年Journal Impact Factor (JIF) がClarivate Analytics社から発表されましたが、杏林舍が創刊からサポートしている2ジャーナルが今年、新たにJIFが付与されました。

2016年の創刊準備開始の時点から、杏林舍は日本大腸肛門病学会が発行するJournal of the Anus, Rectum and Colon (JARC)、日本脊椎脊髄病学会が発行するSpine Surgery and Related Research (SSRR)の創刊に向けたコンサルティング、そして創刊後のEditorial Officeとしてジャーナル運営全般に関するサービスと課題解決のサポートを行ってまいりました。

杏林舍のコンサルティングが提供するジャーナルの成長戦略は、当初からPMCやDOAJなどのデータベース収載だけではなく、JIF取得を主眼においており、その戦略に沿って編集委員会と共に着実に準備を進めました。

両誌共に2017年の創刊と同時にClarivate Analytics 社の提供するWeb of Scienceに申請を行い、2018年からEmerging Science Citation Index (ESCI) に収載されていました。2022年10月にClarivate Analytics 社から突如発表されたJIFの付与ルール変更に伴い、2023年に発表された2022年JIFからJARCとSSRRの2誌がJIF対象となりました。

なお、JARCは1.4、SSRRは1.2という結果でした。今後はJIFの向上が両誌の課題となります。

杏林舍では、この他にも現在複数のジャーナルにJIF取得に向けたコンサルテーションを提供しています。

See you

新着記事

このページの先頭へ