よくあるお問い合わせ
お問い合わせ

What's new

more
HOME  > あんずジャーナル  > お知らせ  > さよなら…ドラムスキャナー(スキャナーの話)

あんずジャーナル

2010年10月14日 お知らせ

さよなら…ドラムスキャナー(スキャナーの話)

スキャナーとは・・・そうです、絵や写真などの原稿をパソコンにデータとして取り込める、とっても便利な機械なのです。
最近ではスキャナー機能つきのプリンター複合機も比較的安価で出ていますし、知らず知らずに家庭用スキャナーをお持ちの方も意外と多いかもしれませんね。
そして、自炊(本をバラバラにしてPDF化し電子書籍にする)するなんていう人も出てきたとか!?

さて、わたしたちのような会社が利用するプロ用スキャナー(ドラムスキャナー)はどうかと言いますと、その精度はそれは見事なモノです。
印刷物になった写真(ちっちゃな点の集まりで、表現されています)でも、その点をそのままデータ化してしまうほどの精度なのです。
これまで、製版・印刷会社はそれはそれはお世話になってきました。


ドラムスキャナーによるスキャニングの様子(動画)

しかし、デジタルカメラの高品質化とパソコンデータの扱いにみんなが慣れてしまった現在では、ほぼ100%がデータで入稿され、製版・印刷会社のプロ用スキャナーの出番はほどんどなくなってしまいました。
プロ用の機材を製造するメーカーの商品ラインナップからもスキャナーは姿を
消しています。製版・印刷会社のスキャナーもわずかな保守期間を残すばかりで姿を消していくことでしょう。

「ちょっと待った!医学学術雑誌の世界では、なぜだかまだまだ残っている広告
原稿のスキャンを見捨てないでください!!」とおっしゃるお客様、そうもいかない時代なのです、ご理解ください。

広告データ入稿のお願い(PDFファイル:599KB)
https://www.kyorin.co.jp/uploads/koukoku.pdf
 

何百万枚の抄録、広告、写真、図表をデータ化してきたスキャナーくん・・・
本当にありがとう、そして、お疲れさま~。
利用されなくなった機関車は公園に飾られて余生を送れるのに、
スキャナーは公園に飾ることはできないけど…わたしたちのココロには。。

See you

新着記事

アーカイブ

« 1 ... 11 12 13 (14)

過去ログの検索

このページの先頭へ